DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

九州旅行3☆

2012年09月26日
その他 8
最後です!長いことすみません^^;
 
しかも三日目はちょっとマジメです。
 
 
 
 
三日目
 
仙厳園(磯庭園)へ行って知覧へ。
 
知覧へ行くことは知っていましたが、スケジュールをもらうまでくわしいことを把握していなかったわたし。
 
知覧といえば、特/攻平/和会館へ行くことがメインみたいで。
 

テレビでみたことがあって、一度行ってみたいと思っていた場所。
広島や長崎とはまた違うけど、戦/争の爪跡が残る場所。
 
知覧へ着いたころは台風の影響で天気も悪くなり、雨も降り出したんだけど、
この会館がこの三日間で一番人が多くてびっくりしました。
 
 
中には戦/闘機や隊/員の遺/品、そして壁一面に遺/書、遺/影が飾られています。
 
17~23歳の男性が、特/攻/前日家族に書いた遺/書の数々は、
国のため死んでいく自分を誇りに思う、という内容がほとんどで。
 
それが本心かどうかはわかりませんが、この人たちが日本の未来や家族、
婚約者の幸せや平和を願って死んでいく、という思いは痛いほど伝わって、
なぜだか泣いてはいけない気がして。
 
17歳の男の子が弟に、
日本で一番の嫁をもらえ。そして俺のぶんまで絶対に幸せになるんだぞ。
両親のことをよろしく頼む。日本のため、行ってきます。
 
20歳の男の子が両親に、
たくさんの言葉を綴ろうとも最後にでてくる言葉はこれしかないのです。
ありがとう、ただひたすら感謝の言葉しかないのです。
 
いっぱいいっぱいあるんだけど、みんな書いていることはただひたすら、
感謝と誇りと未来への希望。
 
若いのに達筆でしっかりしていて、でも突/撃20分前の食事風景や談笑している姿はまだまだ子供で。
↑20分前とか喉通らないし笑えないよね…
 
日本はむごいことをしたなと思う。
 
そんな若い1000人以上の人たちが、家族や国の将来を思いながら死んでいった、
その上で成り立っている今の日本はどうかな。
 
 
かわいそう、という感情はあまりにも失礼な気がして、
ただ、この人たちの後世への思いを受け止めなきゃいけないなと思った。
 
 
 
 
会館を一通り見て、なんとな~くみんな思うところがあったのか口数少なく、
でもお腹は減るのでお昼の鳥飯をしっかりおいしくいただきました^^
 

だしをかけていただくのでサラっとして食べやすい。
これが本当においしかったです!
 
会館のすぐ傍にあるお土産屋さんの中にあるレストランなんですが、
そこの施設の名前が「知/覧パラ/ダイス」
 
…なんかもうちょっと違う名前なかったんかいと全員ツッコミましたけど。
 
 
駐車場に自/衛/隊のコスプレをした集団がいて、
あ~知覧やからねぇと思いながらみんなで手を振ったりしていたんですが…
 
ほんまもんやったww
 
コスプレのクオリティ高っ!とか言ってごめんなさい
ソフトクリーム片手に「おっ!」って感じで気安く手振ってごめんなさい
 
普通に紛れすぎててわかりませんでしたw
 
 
帰りは鹿児島中央からさくらに乗って新大阪まで4時間半の道のり。
 
長いな~と思っていましたが、ばいおはざーどの話が盛り上がりすぎて
4時間半もあっという間でした^^
 
 
いろいろと巡ってたくさん食べて、最後にちょっと考えさせられる楽しい旅行でした♪
 
一日ずれていたらダメでしたね~とガイドさんに言われたとおり、
天気もなんとか大丈夫でよかったです。
 
 
長々と読んでいただいてありがとうございました☆おわり
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。

コメント8件

コメントはまだありません

ずぅ  

No title

旅行日記楽しく読ませて頂き、特/攻平/和会館の記事では
色々考えていかないといけないなと、改めて思わせて頂きました…

九州に変更されて、台風来てたから心配しておりましたが
お天気も大丈夫だったようで、良かったですね♪
お疲れ様でした☆

2012年09月26日 (水) 21:02

SHIN  

No title

旅行記読ませていただきました☆

3を読むまではおっ○い岩の話をする気満々だったんですが、とてもそんなこと書けなくなりました笑

当時の方が今の日本を見たらどう思うんだろうか…やはりふと考えますよね。。

今、外/交が色々大変ですが、あそこまで熱は持たなくとも、日本人は国を想う心を失いつつあるのかな、と不安になります。
原/爆の/日も、終/戦/記/念日も知らない若者が増えているし、語り部も減りつつあるのに、メディアも年々スルーですし。

だからこんなふうに、日本の起源からたどっていけるような旅、すごくいいですね☆

ただもうちょっとゆっくり出来たらいいのに、ですね!
ツアーめ…!

すごく面白かったです☆
ありがとうございましたぁ!

2012年09月26日 (水) 21:30

ちー  

No title

ずぅさん>
最後に知覧へ行けてよかったなぁと思いました。
いろいろ考えさせられました。

台風こんなタイミングで!><と思いましたが、なんとかもってくれてよかったです^^
楽しい旅行でした!心配していただいてありがとうございました♪
だらだら長くてすいませんほんと…^^;

2012年09月26日 (水) 23:31

ちー  

No title

SHINさん>
おっぱ〇岩のお話もぜひ聞きたかったですよ~w

知覧の話はどうしようか迷いましたが…
わたしの中では高千穂と知覧がこの旅行はインパクトが強くて。
今日本はなかなかの緊張状態で、もし何かあればコスプレと間違えた(←謝れ)
あの自/衛/隊の方たちが真っ先に向かうんだろうな、と考えたり。
最近は本当に!?と疑いたくなるぐらい戦争について知らない若者が多いですよね。

神話から現在までいろんな起源をたどれて濃い~旅行でした。
本当、もっとゆっくり回れたらな…っていうのが少し残念で☆

少しでも楽しんでいただけたらよかったです^^
自己満足のなにものでもない内容ですからw
ありがとうございました♪

2012年09月26日 (水) 23:40

ヤマチャ  

No title

台風大丈夫かなと他人事ながら心配してしまいましたが、楽しいご旅行だったようで何よりでした
高千穂を始めパワースポットで祈って下さっての光一さんの発言があったのかも!

古事記の神様ズは人間味?溢れていますよね

私の場合九州に行くと天気に恵まれず、桜島も阿蘇の火口も見ていません

戦争の傷痕の残された場所は辛いですが、今の日本があるのは多大な犠牲の上に成り立っている事を忘れてはいけないですよね。人間はいともたやすく争いを起こし得るという事実も…

2012年09月27日 (木) 01:39

めぐめぐ  

No title

お疲れ様でした 九州旅行記楽しく読ませて頂きました

高千穂の風景が素晴らしくキレイですね!
ボートは残念でしたツアーは思うようになりませんねぇ

古事記は子供の頃 うちにぶ厚い絵本があったので なんかとっても身近です
神さんなのに神さんらしくない神様たちと
いささか強引過ぎる話の展開が なんでもアリだなっ的で好きでしたw
三種の神器とか五穀とか、現実と神話が混在していてなんだか不思議な世界w

知覧は考えさせられますね
時代背景もありますけど 当時の若者のなんと立派なこと
崇高ですらありますね
それ故になおさら哀しくいたましいです
彼らが今の若者を見たらどう思うのでしょうね

う~ん 面白そうですね九州
京都から先行ったことないので一度くらい(ツアーじゃなくw)行ってみたいですね~

2012年09月27日 (木) 10:10

ちー  

No title

ヅレヅレ草さん>
心配していただいてありがとうございます♪
3日間なんとか無事たのしめました^^

高千穂からの呪いが効いたんでしょうかw
光一さんの発言がきっかけでいい方向に進むといいな~と思います!

神話ってなぜかツッコミ所満載の内容が多いですよねw
神様たちも問題ありだしw

いろいろと考えさせられる場所でした。
世界では今だに終わっていませんもんね…。
ここにビックリするぐらたくさんの観光客がいて、なんだか嬉しかったです。

2012年09月27日 (木) 12:29

ちー  

No title

めぐめぐさん>
長々と読んでいただきありがとうございます♪

高千穂は自然いっぱいでとてもキレイな場所でした^^
天安河原は幻想的で素晴らしかったです。
ぜひツアーじゃなくw訪れてみてください!
ツアーはもの凄く楽ですけどね…

神話おもしろいんだけど、読んでいるとわけがわからなくなっちゃいますw
いろんな神様がいてなんとな~く耳にした名前で、わかると楽しいんですが^^

本当にあの当時の人達は、とても17歳とは思えないほどの男の子たちで!
でも写真を見るとやっぱりまだまだあどけなくて。
今の日本を見てどう思うか…なんだか恥ずかしいですよね。
それでもきっと、平和でよかったと言ってくれるんだろうな…と思います。
国のため死ぬ覚悟で知覧へ来た若者たちがいたことを、
日本人はもっと知らなければいけませんね。

2012年09月27日 (木) 12:45