DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

こぎり10/12よる☆2

2017年10月15日
レポ 0
小喜利 後半戦 つづき


こいちゃん「全員揃ってますか?」
剛さん「何人かチャック開いてますね~」


みんなおしっこしたのにまた行きたくなる現象ない?僕あるんですけど…って話が始まって。


耳の治療でステロイドやいろいろやってみたけど治療としてこれ以上は…
ってことで通院治療になり退院。

その時たまたま取材で漢方のお店に行く仕事があり、胃腸からくる場合もあるし耳だけじゃないとかいろんな話を聞いて。
お店の人に、他に気になることないですか?って聞かれたので「おしっこ行ったのに、また?ってことがあるんです」って言ったら、自律神経かもしれないですね、と、言われた。

自律神経が疲れてるとおしっこまた行きたくなる現象が起こりやすいらしいと。

剛さん「だから皆さん漢方がいいかも!」

ナンノハナシ

でも漢方は半年飲み続けないと効果がでないそうなんで、おしっこに悩んでる人は根気よく続けてください、と。

こいちゃん「漢方飲むのに水飲むからまたおしっこ行きたくなる」
剛さん「たしかに!もうしたい時にしよ!」

漢方涙目。


剛さん「今後ステージでしたくなったらごめんなさいね!スタッフさんが拭く(床を急いで拭く)」

歌ってる時とか、聞いてるお客さんとか、拭きにきたスタッフとか、みんなしてる。年とりますからね!と。


後半戦スタート。



今回は5周年ということでいつもと違ったことをしたかった剛さん。
天声さんもステージに一緒に出てこぎりをすることに。

事前に回収したお客さんからのお題の回答をここで発表。


こいちゃんがステージに登場して剛さんの隣へ。

こいちゃん登場のBGMがシャンプーのtrouble
芸が細かい。

そしてこいちゃんもやっぱり男前。


お客さんからの回答を二人で分けて、気になったものを発表するシステム。

こいちゃん「公開ラジオみたいでいいですね~」
剛さん「芸人さんとこうやって舞台で絡むのってなかったんで」
こいちゃん「そういえばないですねー!そう思うと興奮する~おしっこ出るぅ」
剛さん「やめてw」

剛さん逃げて



お客さんへのお題:くしゃみが出たら嫌な瞬間を教えてください

二人が発表したものすべてがお題と答えちぐはぐで意味不明w

個人的にわたしが好きで覚えてる回答を。


・高見沢さんが髪をトリートメントをしているのを見学しているとき

剛さん「どんな時?!そんな会あるの?!見学ってなに?」
こいちゃん「自分にはない発想」


・嫌な瞬間はあるかな?どう思います?

剛さん「これは堂本光一手法です」
こいちゃん「光一くんこんな感じなん?」

取材とかで、
「秋ですがなにかありますか?最近やってることは」
「いや別にないです(暗)」
「食べたいものとか、ハマってる趣味とか」
「ずっとF1なんで」
「他には」
「逆に聞きますけど趣味ってそんな変わるもんですか?(怖)」

剛さん「横で聞いてて震えます!チンピラやんって」
こいちゃん「ストロングスタイル!」
剛さん「でも言ってることはわかる、趣味って月々変わらないから」

取材の質問が毎回同じで、インタビューする側も内容をもっと考えて欲しい、と。

結局相方ではなくインタビュアーが悪い!になる剛さんの脳みそ愛しい。


・2018年大流行!衝撃のインスタ映えスゥイーツとは?

こいちゃん「アナウンサーですか?」
剛さん「あ~!アナウンスの時に」
こいちゃん「…いや、そうじゃないな、怖いことが起こってる」

こいちゃんをも震え上がらす答え


・柿のみ

剛さん「どういうこと?!」
こいちゃん「くしゃみしたら嫌な瞬間を教えてください、"柿のみ"」
剛さん「なんなん?!」

なんなん?w


ここで宮根さんから届いた回答発表。

ミヤネ屋の合間に5つ書いてくれた。

・死ぬ瞬間
・加藤茶さんと会った瞬間
・ハクション大魔王とケンカしてるとき
・自分が金魚の時

あと一つなんだっけ?発表してなかったかも。


剛さんは「死ぬ瞬間」がお気にいり。

「金魚の時」は「柿のみ」と同じ部類。

剛さん「皆さん自分が金魚だった時ございます?僕はないですけど」
こいちゃん「でももし金魚だったら、水の中でくしゃみしたら大変なことになるからってことじゃない?」
剛さん「なるほどー!」←アホかわ

全員同じ部類脳。



なんの話の流れか忘れましたが、 じゃにーずのお題云々の話になって。

回答やお題がじゃにーずだったりじゃにーさんだったりすると、残念ながら何を言ってもほぼウケる。
これは逃げになってしまうから出してはいけないと思う。
昔はこんなじゃにーさんは嫌だとかわかりやすいものもあったけど、確実にウケるから、それはもう出さないようにしてる。

こいちゃん「じゃにーずとは思われへんストイックさ」
剛さん「芸人さんとお仕事させてもらうとそれはなぁと思う」

もう一人とはまた違うストイックさ!



後半戦のお題へ。

お題:壁を突き破ってひと言(ふすまサイズの紙)

剛さん「パターンはいろいろあって、さっきの流れから"柿のみ"で被せようと思ったんですけどそれじゃあかんなぁと思って」
こいちゃん「えらいなぁ簡単にできるのをあえて避けて難しい方へ行く、スキルアップするためのボケ芸人と同じ発想!」(※アイドルの話)


キレイに紙を突き破って、
「すいませーん障子張り替えに来たものです~」
満点


壁を突き破ってからのひと言は、アクションのあとなので難しい。


紙の壁を二つ用意してるので、こいちゃんもやってみることに。



剛さん「それでは、壁を突き破ってひと言」

モタモタと壁を突き破り、
「エントリーNo.一番、ダレノガミ明美です(噛む)」

剛さん笑いながら崩れ落ちる。

剛さん「誰?ダレノガミ?明美ってw」
こいちゃん「ちょっと噛んだの!」
剛さん「ダレノガミ明美wwそっちに引っかかった」腹抱えて笑いながら

剛さん「もうひとつおもしろかったのは、お昼がてつじさんで、てつじさんもこいちゃんも壁の破り方が一緒!」

両手親指上のグーで前に突きだし、右足で蹴破る感じ。これが激カワ。

剛さん「二人とも一緒!コンビですね~おもろかったw」
こいちゃん「ちゃんと破れてたら噛んでないのに、はじめて言った、ダレノガレ明美って」
剛さん「僕も言ったことないですね」
こいちゃん「インリンオブジョイトイと迷ったんです」
剛さん「インリンオブジョイトイはけっこう言ってます」さすがツヨシオブジョイトイ

まさかこっちに振られるとは思ってなかったのでビックリしたけど楽しかった!とこいちゃん。


・何を言ってるか通訳してください

剛さん「通訳は一公演に2回入れられるとキツい!」

最後が笑い声で終わるパターン。

剛さんが書いてるフリップをチラ見してじわじわニヤけるこいちゃん。


剛さん「たぶんこう言ってると思います」←もはや通訳じゃない
こいちゃん「やっぱり剛くんはなんやかんや言っても耳いいなぁ」←

通訳「高菜とラード そやなぁ頼まれたけど、ええやんお米買っちゃえば ハハハハ」満点


こいちゃん「素晴らしい!!」
剛さん「アイツ高菜とラード買ってくると思ってるけどお米買ったったアハハハ~みたいな」
こいちゃん「高菜とラードで何作るんやろ」



お題:最もいいタイミングで「はよ言えや!」を言ってください

これは二人で設定を決めて、即興で芝居をし、剛さんがこいちゃんに「はよ言えや!」を言うお題。

そこに持っていく芝居をしなきゃいけないし、こいちゃんのプレッシャーもあっていろいろ大変。

設定
・なにか話があるからと呼び出すもなかなか言わない方→こいちゃん
・なんの話か聞きに行ってはよ言えや!を言う方→剛さん

小芝居スタートするも、こいちゃん謎のキャラ設定(おねぇ)でグダグダ。

剛さん「ちょっと待って!女の人なん?」
こいちゃん「男友達です」
剛さん「はよ言えや!じゃなくて、オカマか!になるw」


今度は設定を逆にして、こいちゃんが「はよ言えや!」を。

こいちゃん「なんやねん話って!恋愛の話?知ってるでお前がオレの股間いつも見てるの!言ってくれたら見せたるのに」
剛さん「オカマか!!!違うやんwこれオレもお前もオカマか!になるやん」

こいちゃんのせいでまたグダグダw

仕切り直してもう一回。

こいちゃん「そのズボンかわいいなぁ」
剛さん「VIVREで買ってん」
こいちゃん「かわいい~」

もうこれもダメなパターン突入の匂いプンプンw

こいちゃん「話って?言いにくいこと?下ネタ?下ネタってどこからかにもよるけど、のどちんこは下ネタになるの?」
剛さん「のどちんこは体の一部やから下ネタじゃないよ」
こいちゃん「いやちんこもやん!ちんこも体の一部やん!こっち(のどちんこ)一部でこっち(ちんこ)外部なん?!」

ずっと笑うのを我慢してた剛さんもさすがにここで笑ってしまう。
ここまで笑わなかったところがすごい。プロ。

こいちゃん「そんな話じゃないんか?」
剛さん「そういうのではない」
こいちゃん「それ聞いてしまって大丈夫?」
剛さん「はよ言えや!をはよ言えや!」

結局剛さんがつっこむ。


あまりにもひどかったので、NHKとかで流して欲しい、そしてこれを帰り道とかにみんな思い出して欲しい、何の時間やってん、と。

剛さん「これだけで一時間できる」
こいちゃん「これだけのイベントできる」
剛さん「ひどい時間でした」
こいちゃん「今の長くやり過ぎてこれが最後のお題でしたw」
剛さん「えー!?」←こっちのセリフ

後半はお題三本しかやってない。


最後にもうひとつだけお題

・今日の小喜利を振り返って英語でひと言

「ハリー、 say!」満点

剛さん「英語できひんのに」
こいちゃん「正そうと思ってもオレもわからへん」

剛さん「ぷりーず…もあ?」
こいちゃん「クィック?ぺろんちょ?」
剛さん「クィックぺろんちょは違うw」

ぺろんちょだけで一時間はいける、何がぺろんちょでぺろんちょじゃないのか、べろんちょと分けていくイベントをやってください、と剛さん。

こいちゃん「剛くん発想がやっぱりおかしいな」
剛さん「そんなイベントあったら絶対観に行きます、こいちゃんがどう分けていくのか」
こいちゃん「客も分けますよ」
剛さん「おまえはぺろんちょ!」

剛さんから発せられるぺろんちょのワード…(*´Д`)

KinKi Kidsはたぶんぺろんちょ。


・集計結果

問題数12
回答数12
満点11

満点の字がさんずいに黄でおもいっきり誤字。
剛さん「そういうのやめてー!」


通訳のお題は、一瞬の短い言葉で「これは何と言ってますか?」だったらまだ書きやすいけど、長いので文章にしなければいけないから難しい。

そんなお題を二つも答えた剛くんに拍手!って拍手させられる客席。
こいちゃんも剛さんへの甘やかしがひどい好き(*´Д`)

こいちゃん「最初は耳大丈夫かなぁと思ったけど、一番耳を使う問題がよかった」(ノД`)


こいちゃんはやからねでも小喜利でもお世話になってる。
やからねはいつ奈良に行けるかな?
でも奈良に着いたらやからね終わるのかと思ったら着きたくない。

剛さん「だから生駒あたりで足挫きましょう」
こいちゃん「ノブの足を」
剛さん「杖みたいなんでやって、耳元で"オレがやったっていうなよ!"って」

杖でつつかれていいから耳元で脅されたい。


生駒までもまだまだですけどね!ってことで今までのやからね振り返り。

初回はあれこれあってよかったのに、2回目がなにも無さすぎて大変だった。
あんなとこで普通はロケしない。

これからもやからね頑張りますのでよろしくお願いします。


こいちゃんハケて剛さんの一人しゃべり。

けっこう長く話してたけど、時おり笑いもまぜつつ、トークスキルも上がったなぁと。

話した順番とかグッチャグチャですが、大体こんなこと。これの5倍ぐらい長くしゃべってたけど。

「久々の小喜利だったけど、今日はなかなかいい答えが出せたので、ホテル帰ってもそこまで考えずに寝れるかな。

お笑い芸人さんは普段ふざけたことやったり、ちょっと失礼なことを言ったりしてるけど、皆さん礼儀正しく優しい方が多い。

そばでいろんな苦悩なんかも感じたりして、そんな中人を笑わせるってすごく大変だと感じたり、だからこそやってみたい。
小喜利でそんな夢を叶えてもらってる。

これから日本どうなるのかな?と思ってる中で、なにかひとつのことに集中して闘ってる人がいるのは力になる。
笑いのスキルを上げていくと苦しい時に乗り越えられる。

ムードが暗いときに笑いに変えると不謹慎みたいな風潮があるけど、関西だとあえて笑いに変えたりとかする。

今日も楽屋にこいちゃんが来てくださった時、数十センチ前まで来て"聞こえてますか~?聞こえてますか~?"って、いや聞こえてるから!って笑いにして。そういうことに、より愛情を感じる。

大丈夫?よりも、聞こえてますか?の方がいい。そうやって笑いに救われる。

笑いにいっぱい救われてきたからこれからもずっとこのイベントができたらいいなと思う。
たくさんの方たちの愛情によって小喜利も面白くなってきてるので来年もやりたいなと思う。

若い頃に音楽に出会えてなかったり、お笑いが好きじゃなかったら、僕はとっくにこの世にはいないなぁと本気で思ってしまう。

自分で生きられない社会なんてつまらない、なんのために生きてるの?死ねばいいの?と感じてしまう。
だから我儘で生きるのとは違うけど、せっかく繋いでくれた自分なので、自分の声を聞きながら生きていきたい。

こうやってファンの人たちと同じ時代を生きてめぐり会えたことも奇跡かもしれないし必然、偶然かもしれない。

KinKi Kidsという待ち合わせ場所、堂本剛が堂本光一と待ち合わせた場所。
そこでみんな(ファン)と待ち合わせて一緒になった。
それが今こうして目の前に広がってる。

だからそういう場所で自分じゃない自分で繋がるのは苦痛でしかない。

自分はこういう人間ですって生きてますし、もう一人の人もそういうタイプですし、最近下ネタがこいちゃんと同レベルでひどいけど。
でもそれが彼ならそれでいい。

小喜利も来年、再来年とずっとやっていきたい。
今後もどうぞよろしくお願いします。


入院してる時に一曲だけ曲も書きました。点滴しながらラララで録音して。
あの人が歌詞書かれへんって言ってるので、僕がある程度書いて渡して書いてもらうとか。


ラジオに小さい男の子から剛くんの耳のお祈りに神社さん行きましたとか、たくさんの愛情をいただいて自分は成り立ってるんだと改めて感謝しました。

耳のことがあってもなくても、自分の気持ちは変わらない。

今はこれぐらいの規模なら問題ないですが、退院してすぐは歓声だったり音だったりが頭に響いて大変だったけど、今はない。

完治したって言うと嘘になるので、まだ完治はしてないけど、自分ができる範囲でパフォーマンスしていきます。
皆さんにこうしてほしかったと思わせてしまうこともあるかもしれないけど、お許しください。

完治したら最高のパフォーマンスで皆さんにお返ししたい。
少しずつですが早くゴールにたどり着きたい。


僕が言うと説得力ないけど、皆さんお体気をつけてw

日本もドイツみたいに気圧変動の数値出したらいいのになと思う。
僕は発症する前日に偏頭痛がきて、次の日の大雨の夜になりました。

仕事中で対応できなくて、未満都市の檻の中でしゃべってる時はもう聞こえなくて。
光一がなに言ってるか、音もなにもとらえてなくて、音が止んだら次オレかってセリフ言って。
自分の声もよくわからなかったのでちゃんとできてたのか不安だった。

でもこれを未来に繋げて行かないとなと思う。
歌いかたも今後学習して得られるものがあるかもしれない。

ほんとはこんな未来に立ちたかったのにとか思ったりもするけど。
でも腹立つんで違う未来も作っていくしいろんなこともやっていく、時々笑いも取り入れて。

もし可能なら皆さんもエントリーして予選勝ち抜いて、芸人さんと僕と一緒に小喜利をやるのを一回やりたい。

皆さんも参加できるようなイベントだったり歌番組があれば、どうぞ来ていただいて応援していただければ嬉しいです。


帰り道に怖くなったら今日の茶番を思い出してください。

それでは皆さんまたお会いしましょう!ありがとうございました」


エレクトリカルパレードBGMでハケ。



改めて剛さんは他に類を見ないぐらいの前向きポジティブで逆境に強い人だなと。

いろんなことができなくなって、こうじゃなかったのにな…って落ち込む前に、なんか腹立つから違うことやって理想の未来に立ったるわ!おう?な根性が素敵。

現状をしっかり受け入れて逃げずに正面から立ち向かうところが激マブ。
これは光一さんも同じ。

思ってた244倍前向きで、この人ならきっと大丈夫だな!と、思えるぐらい楽しそうに語ってて、少しずつでも今より耳が良くなって理想の未来に近づけばいいなぁと思います。

その理想の未来には当たり前のように光一さんがいて、下ネタがひどくてもそれでいい、それがありのままの光一なら!ってすべてを受け入れる剛さんこそが母性の海(°∀°)

逆もまた然りで光一さんもそのまんまの剛がいい族なので母性の海!

ファンはKinKi Kidsに対して母性の海で、KinKi Kidsはお互い相方に対して母性の海…海だらけ。



頭使うし精神的にも疲れるだろう小喜利を、これからもずっとやりたい!と言ってくれたのがよかった。
いつもなにかと小喜利のことを愚痴ってるからw

できれば!東京大阪だけじゃなく、いろんなところで開催してくれるとありがたいけど。



明日のふたりどヤでのお知らせ楽しみに待機~!


長々とありがとうございました!
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません