DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

ミュージックホール8/13☆1

2010年08月16日
ミュージックホール 0

『マイノリティの苦悩』

「ボクが脳みそ苦い時、いっぱいありますね。

 むずかしいよねぇ、顔に出さないとか、むずかしいよね。
 どうしても直結するから顔に出てしまうんですよね、ボクの場合はね。
 嫌なものは嫌だというね。う~ん。

 もうちょっと大人にならなあかんなって思いつつも、
 なかなかやっぱ、脳みそ苦いものに関しては、何でやねん!って
 思ってしまうんでね。
 ついついイラっとしてしまうことも多いですが。

 ま、そんな中でも、私 今日13日はね、マリンメッセ福岡で、
 絶賛ライブ中ということで、ま、完全な録音状態でございますけれどもね。

 今日は左利きの日ということで、あの有名なとこで言うと、
 オバマさんもそうですよね。
 左利きあこがれるね、なんかこう…違うところが動き始めるというところで。

 ちょっとボク、左利きになってみようかなと先日思ったんですけれども、
 二日ぐらいでちょっとやめてましてですね。
 もしかしたらその内?左利きになっていく可能性も。

 ほんま右ではもう想像は終わっちゃってるんで。
 左でやっていくっていう事が何か出来たら、
 またちょっと自分で想像せーへんクリエイションが生み出す自分に
 出会えるんじゃないかとか、そんなことも考えながら思ってるんで、
 ボクが左利きになった時はね、あのパーティしてもらいたいなと思いますけれどもw

 日本人では約1275万人が左利きという計算になるという。
 意外と多いイメージですね~。

 左利きなんかかっこいいよね。
 字ぃ書く時、大変そうやん、ね、あれー。

 昔がいわゆる横書きする時って、右から左に読んだりするのは
 あれ何なん?何でなんですかね?
 左利きが影響してるんですかね?
 昔のやっぱ偉い人が左利きやったんかな?
 だって確実に書きにくいもんね、左利きの人って。

 ちょっとペン貸して。
 …ふふっふふっぶふ(豚鼻w)
(ス:書けてるほうやけどなw)
 書けてるほう?w
(ス:うん、書けてるほうやね。)

 なんか、エジプトの何かみたいやね。エジプトの壁に書いてあるような。
 まーもう曲線に、曲線がむずかし!もうあのSとか、もう…。
 これwラジオ聞いてる人、おっさんみんなで『あーあーSが、曲線が、あー』
 言うてるだけやから何のこっちゃわからへんと思うけど。

 キレイに書かれへんなやっぱり~。
 筆とかね、墨とかはぁあの左でもなんかええ味になったりして、
 かっこよかったりするんですけどね~。

 ま、でもちょっと練習したらいけんちゃうかなっていうところはあるなー。
 よし!いつかちょっとそれも。
 ご飯だけでも左でいくとか、やってみよかな、思うんですけど。」

・ネットで誕生色を調べるというサイトを見つけました。
 剛さんは、誕生色は桜、桜、桜、黄色で、
 特殊色はコーラルでした。
 桜色=礼儀正しく、折り目正しい徳のある人、細かい気配りをする人、
 女性的な直観力を持つ人、理想の高い芸術センスがある人、人の世話をよくする、
 母親との絆が強い、芸能人になくてはならない色などです。

 黄色=理論的な思考を持ち、好奇心旺盛な人、神経張り巡らしている人、
 新しい情報に敏感な人、明るい性格だが、時々暗くなる性格、
 優れたビジネスセンスがあるなど。

 コーラス=美的センス抜群で、物事をものすごく調整する能力を持つ、
 さんご礁が住む海底のように、自分にふさわしい環境が必要な人、
 他人の話をよく聞いてあげて、奉仕の精神が強い人、愛情体験が豊富、
 剛さんにぴったりなないかなーとビックリしました。

「やっぱピンク色、桜色、好きですからねーものすごくねー。
 あと黄色、うん、黄色っていうか最近ボク、ゴールドとかね気になってて、
 いろいろ考えてるんですけれども。

 このさんご礁の話、なんとなくわかるんですよね。
 人の話をよく聞いたり、こうしてあげようとか、あるいは調整していく。

 この会社はボクをこう利用したい、
 この会社はボクをこう利用したい、それはファンの子には関係ない。

 ボクがこうしてあげることが、この会社には良くて、
 こうしてあげることはこの会社的にいいこと。
 でもファンの子にはそれをすることによってこれが届かへんから、
 この人たちをこういう風に説得をして、
 で、ファンの子ぉのことは絶対に守るという事を大前提でボクがこれを演じよう、とか。

 ステージの上では本当で立ちたいから演じるのはここまでか、とか。
 なんかそういう風にしてファンの子と本当に繋がるようなルートって言うのかな?
 そういうものを作る。

 でも、それはファンの子に繋がるためのルートなだけであって、
 環境としては良くない。

 自分の都合だけで言ってくる会社もあるし、
 なんかお互いのことを話しながら商談してくる人たちもいるし、
 全然見返り求めんとやりますよって言ってくれる人たちもいる。

 一番最後の人たちと全てがまかなえると、もっとおもしろいものを
 ファンの人に捧げられることが出来るな、というか。
 自分が本当に住みやすい、ね、水を得た魚じゃないけど
 すいすい泳いでいけるっていうね。うん。

 でもその水も本当に自分の環境にあった水じゃないと、
 生きていかれへんし、呼吸しにくいし、動くのしんどいからって
 なってくるとちょっとちじこまってきたりするっていう。

 メッセンジャーになるためには、時代の変化に敏感ではあるから~
 ま、そういうもの、早く世の中に落として行きたいねんけど~
 いわゆる先駆者じゃないけれどもね、う~ん。

 でもちょっとずつですけど、あのミュージシャンとか、芸術家さんが、
 ボクの…さまざまな世の中に、もっともっと広まるように
 友達をいっぱい呼んでくれて、 お金もちょっとロイヤリティ下げてくれて~、
 セットでいくらとか、実現していくんですよ。

 ステージ上では実現したりすんねんけど、それを流す、伝える、発信するっていうのは
 これ表現者じゃないというかね、システムになってくねんね。

 そのシステムが強ければ、ほんとに強いのになっていう時もありますけれども。

 みんなほんと必死にね~剛くんのやりたいことを、
 このさんご礁が死なないようにね、ちょっとずつこう移動させてくれたりとか、
 いろいろしてくれるんですけど。
 でも、こんなキレイなさんご礁ここにあったんや~っていうのって、
 海もぐらんとわからへんしね。
 地上にいる場合はなかなか見てもらわれへんなーいうのあんねんけどね。
 いつかみなさんね、色んな人がダイブしてきてくれたらええなって思うんですけれども。

・毎日信じられないほどの暑さですねー。
 私はいつも剛くんの言葉の遊び方に感心させられています。
 そのひらめきってどのようにふってくるんですか?

「夜中、ボク今除湿をつけているんですけど、冷房じゃなくて。
 除湿で充分涼しいんで。
 これね、でもね、除湿を付け忘れて寝た時、あれ危ないね。ほんと危ないあれ、ね。
 うわーって起きんねんけども、息とかおかしいし、あれ?ってみたいなって、
 これ気付かんかったらほんと危なかったなっていう。

 sankakuってキャラクター作った時も、丸より四角よりも新しいし、
 面白いかなーって思って、ミュージックもファッションもなんかトライアングルって
 非常にマッチングしてくるかもって。
 最近トライアングル多いねんな。ファッション業界でも。

 ボクがやっぱり、このアイドルとかね、ジャニーズっていう中で
 世の中に命とそして愛を、そして希望を歌うっていうことは、
 夢でも恋でもないものを歌うってことは結構斬新な試みであって。
 そういう、ボクのイメージもあるから~…

 ほんとはテレビ番組とか一切でないつもりでいたんですよね。
 で、ライブ会場行けばボクの顔が見えて歌ってんねんけど、
 でも、テレビ展開とか映像展開する際に、sankakuっていうキャラクターを
 顔に貼り付けて、でも声がボクである、みたいな。

 『何なんやろ、この変なミュージックビデオ』とか、
 『このヴィジュアル?』みたいな所で展開していく為のキャラクターだったんです。

 で~事務所に持ってったら『何言ってんの!?』って言われて。
 『顔出しなさい!』って言われて~…
 う~ん、ま、普通の展開になっちゃったよね。

 普通の展開になったから、ふっつ~の結果しかなかったかな。
 なんかボクのイメージしてたものではない。

 社長も言ったもんね、何でこんなやり方してんの?とか。
 なんでもっとこういう風にせーへんの?って。
 『だってファンの子が求めてるんだからそれ叶えなきゃダメじゃない!』って
 ジャニーさんが言ったわけ。
 ボクはもう彼に育ててきてもらってるからさー
 まぁそうやなーと思ったりして~。

 社長とビジネスの話をするなんて昔はなかったからさ~。
 で~『君はやっぱり日本のスタイルじゃないから、海外のスタイルやから~
 自分のやりたいこと、アーティストはやっていってファンの子が必死について行く、
 それがまたファンの子は楽しめるっていう風にやるべきブランドが
 ENDLICHERIである』っていう風に彼は言ったけどね。
 
 う~ん、今ちょっとエンドリケリーで出来なかったこと、さらに出来るように、
 ちょっと…私情とか事情は耳を塞いで自分のやりたい事をやりたいということで、
 次はやろうと思っていることがいっぱいあんねんけど。

 










 
  

スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません