DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

レポ2☆1215

2019年12月23日
レポ
もう!KinKi Kids2年ぶり相方大好き社長哀悼コンサートから一週間もたってしまったー!!

15日しかできてない……無理…

わかりにくかったらすんまへん(>_<)
だいたいこんな感じ~ぐらいで。

ではダーっと15日漫談後半を!



初日のオープニングから最初の漫談までの時間の話。

こ:最初の愛のかたまりからたった4曲にMC合わせてそこまでで30分!たった4曲で30分!!

会場心の声「いつものこと(真顔)」



次のコーナーは懐かしの曲。
(たよりにしてまっせと買い物ブギ)

昔は子供だったから古くさいと思ってたけど、今聴くとなんてかっこいいんだ!とわかる曲。

じゃにーさんから「Youたちにかっこいい曲あげるよ!」って言われたけどまだ15歳ぐらいだったので、どこがやねん!と、思ってしまった。
笠置さんはあの時代にこの曲を歌ってたのかと思うとかっこいい。


当時KinKi Kidsといえば!で必ず出てきたこの2曲に、もっと他になかったんか……ってファンですら思ってたから、2人が40歳になった今、かっこいいよね~おしゃれだよね~!って共感しあってるのが嬉しいしたまらなくなる。


つ:当時はその良さにまったく気づけなくて、じゃにーさんからこの曲をもらった時もいい顔できなかった(眉間にシワで怪訝な顔)おぉ!おまえやるなぁ!って当時は言えなかった
こ:今のオレのテンションやったら言える!は~いじゃにー♪って
つ:今日はすごい雑w
こ:もう満足です!
つ:これどっちかやな、家帰って満足するか、ものすごい反省するかw


剛さんの振付け講座。

次の曲(たよりにしてまっせ)で、サビ部分はかかと上下運動(床にはつけない)

サビ以外は上半身だけ横に向いて顔だけ正面に向ける…
って文字で説明しにくいやつ!

むか~しのパールライスのCMみたいなやつ(誰がわかるねん)

光一さんいわく、「この曲どこがサビかよくわからん!」たしかに。

初日はまだ腕を振ったりするぐらいでみんなでやる振り付けとしてわかりやすかったけど、二日めのは違う意味でザワワして戸惑いしかなかったからw

誰よりも一番光一さんが真剣に振り付けしてました(*´Д`)愛


たよりにしてまっせ終わりのトーク

こ:ズルくない!?(剛さん指差し)振付け全然やってない!
つ:振付け師なんでやりません!

次の曲、買い物ブギのスタンバイ中

カゴを持ってスタンバイするダンサーさんたちにカゴの角度をダメ出ししていく光一カゴ師。(カゴ師とは)

こ:カゴの角度が違う!そうー!こっちも!違うんだよ!!(ウルセーw)

YOSHIEさんが振付けをしてくれた買い物ブギ。

こ:この曲でカッコつけて大人がふざけるとこうなるのを見せたい
剛くん、スラッシュ(ガンズ)みたいなギターをお願いします
つ:へぃっ
こ:スラッシュはへぃって言わない!
つ:あ、そう?ごめんなさい

ってふざける流れを初日も2日目も繰り返して剛さんのギターから買い物ブギ。

ふざけるどころかカッコいい!しかなかったけど。(「アホかいな」除く)


買い物ブギ終わりのトーク

こ:改めて歌詞を読んだら面白いなと。
女性が買い物に行かされて、もう~!忙しいのに!って内容だけど、今読むと男性が買いに行かされてる歌詞に見える。
たまの日曜日なのに~!って、時代を感じる
つ:たしかに、男の人の可能性もある

この2曲はじゃにーさんとの繋りでもある。
じゃにーさん繋りと言えば、KinKi Kidsの前はKANZAI BOYAで、当時は恥ずかしかったけど、今は普通にいいと思える話。

つ:めちゃめちゃイケてる
こ:キャッチー!
つ:それに気づいてからうずうずしてきて、KANZAI BOYAって曲を作った
こ:暴露すると、最初はここで剛くん桃やればって話だったけど、なにか違ったらしい(光一さん残念!)
つ:ピーチじゃないなって
こ:2人の場だし!

剛さんが桃を却下した理由を「2人の場だから」と思う光一さん…(*´艸`)←さらっと流されたけどw


ここで桃を歌っても、じゃにーさんは桃ってなに?になるから、自分達に一番最初につけた名前のKANZAI BOYAをやるべき!と、リハーサルの時に作った曲。

つ:じゃにーさんがこの辺で踊ってるかな?と思いながら(2人の真ん中あたり)
こ:じゃにーさんの踊りってツイストしか見たことない!(って2人でツイストしだす)
つ:この辺でツイストしてるかな?ってイメージで

ここで一端光一さんハケ。
こ:買い物行ってきます(ハケ)
つ:柔軟剤買ってきて
こ:はい(顔だけ剛さんの方むいて)

なにこれw

(410CAKEの時みたく)ハンズアップしてたら終わる曲だから、じゃにーさんがつけてくれたKANZAI BOYAに敬意を表して。
なんか知らんけど楽しい~ってなる曲をみなさんに。

KANZAI BOYA



次の曲はサンプラという、音を抽出した機械を使って昔懐かしのボーダーライン。

セットリストを選んでる時に、Back Fireを入れた剛さん。
堂島くんといいよね~って盛り上がってたけど、「Back Fire?うーん」って今回も光一さんに選ばれなかった。

家のパソコンでセットリストを作るために聴いていたら、なにこれ?って曲が出てきた。

つ:これだけは!KinKi Kidsが2年ぶりのコンサートでこの曲をやるとは誰も思わなかったと思う。この曲だけは守死させてくれ!って

守死とはw
初日も守死って言ってたから、剛さんの中では死ぬ気で守る死守ではなく、守りきって死ぬぅぅぅ!ってことなのか(アカン)

この曲は当初標準語のラップだったけど、当時のKinKi Kidsにそんなイメージがなかったので抵抗があった。
その時のマネージャーが関西人だったので、関西弁で思ってることしゃべれば?ってノリになった。



ボーダーラインの所々に挟み込まれる2人のゴチャゴチャ言ってる部分は歌詞カードにも載っておらず、書き起こすのも大変だし覚えられないので、サンプラという機械で抽出して剛さんパートを光一さんに、光一さんパートを剛さんに。

つ「オレ明日何時入り?」(光一サンプラ)
こ「とんこつ味~」(剛サンプラ)


こ:オレが今からあることを言うから、「とんこつ味」の「とん」で切って
つ:うん
こ:アイル!
サンプラ:「とん」
こ:セナ!……いい!!テンション上がった(ご満悦)

タイミングといい切りかたといい、全てにおいて、剛さんの「とんこつ味」操作が完璧すぎて怖いw
剛さんの「とんこつ味(cv光一)」愛が強すぎて怖いw

つ:今後のコンサートで、Back Fireは採用される可能性はあるけど、これは無理!
こ:一生やらない
つ:だから次のコンサートの時に、ボタン押したら「とんこつ味~」って言うグッズを出したい!

当たり前のように次のコンサートを考えてることが嬉しい。ボタン買う(*´Д`)


カラオケ屋さん(カラオケ屋さん)にもボーダーラインが入ってるか気になる光一さん。
今回、このセリフみたいなところをスタッフさんが書き起こしてくれたけど、どうしてもわからない部分は、○×※△#%になってる。
光一さん本人が聴いてもわからなかった。


ボーダーライン終わり。


つ:この「とんこつ味」めちゃくちゃ気持ちいいから!おまえもちょっとやってみ?

って、光一さんと「とんこつ味」ボタンを押す楽しさを共有したい剛さん。
安定の客席放置でとんこつ味を堪能する2人。
つ:とんこ!で切るのが難しい
こ:これ気持ちいい~!(とんこつ味連打)
つ:2020年オリンピックの開会式これで決まりやな

2人が楽しそうでなによりです。

ボーダーラインで、歌いかたがわからないところがあるとか言い出す光一さん。

「♪知ったかぶっとったら」

つ:知ったかぶっと・ぉ・ったら~♪
こ:知ったかぶっと・お・ったら~…「とお」って書いといてもらっていい!?(プロンプの歌詞に)

このあとから真面目に歌います、ずっと真面目に歌ってますよ、のやりとりのあと、なにかの話の流れだったか何かで

こ:あの~………これやっぱり京セラドームで話そう
つ:えー!!
客席:えー!!
こ:東京には東京の空気があるから
つ:京セラで弁当かどうか?
こ:それは大事なことだから後で話そう!

京セラでこのことを覚えてる可能性、限りなく0に近い……

剛さんお着替えのため一端裏にハケ。

つ:ブラとって~(裏から)
こ:やめろ!全部聞こえとるわ!

キラッキラのカーディガン羽織ってニッコニコで戻ってくる剛さん。

つ:おまえブラ着けたらいいんじゃない?
こ:(両手で乳まさぐりながら)そろそろしないといけないかも
つ:やめてや!する前に相談はして!おまえの人生やから受けとめるけど!
ただ歌中とか胸元から見えないように気をつけて
こ:ブラの気配を感じるからね(前傾どや顔)
つ:おまえなぁ!次の曲「光の気配」にかけてブラの気配ウッシッシちゃうぞ!

……2人が楽しそうでなによりです。(265743587回目)

本当は光の気配ではなく、もうちょっとポップな曲を出そうとしてたけど、昭和にはキツいかな~と思いやめた。

こ:いい曲だったけどね、オレ、もうレコーディングしたから
つ:オレしてない
こ:お蔵入りになっちゃう(悲しい顔w)
つ:悲しい
こ:とりあえずレコーディングしといてくれない?
つ:いいよ!それはそれで
こ:負担がなければ←(ノД`)
つ:しますします

聴きたいのでなにかしら形になりますようにー!

剛さんが真面目に光の気配についての話をしようとするも、隣でチラチラブラの気配(エア)を漂わせてくる光一さん。

つ:オイ!そろそろこっちでいくぞ!(拳をぐーにして)人が立て直そうとしてるのにこっち見て(前傾でニヤニヤ)なにしてんねん!
こ:上手に進めてるな~って
つ:もうおまえが話して!
こ:えー!
つ:怖いもん!来そうで!架空のブラの気配が
こ:ブラしてへんよ!
つ:そういう問題じゃないw

光一さんにバトンタッチして水分補給……するも耐えられなくてずっとぷるぷる震える剛さんw

つ:頭の中でおまえが一人一人にブラをつけてる
こ:ブラじゃないよぉ!大胸筋矯正サポーターだよぉ!(ゴールデンエッグスのステファンw)

とにかく難しい曲で、元々は女性の歌で英語だったのを男性キーにするのも歌詞をのせるのも大変な作業だった。
まさか坂本真綾さんもこんな風になるとは…
って説明中、ずっと笑いを耐えてる剛さん。

真綾さんと親交のある堂島くんに「謝っておいて」「やっぱりなかったことにして」とお願いする2人。
「ブラの気配」がTwitterのトレンドにあがってくるのを心配する光一さん。


つ:もしグループで人数多いと歌割りとか、歌うのが難しいかもしれない
こ:今の2人だから歌える
つ:それはある

切り替えの早い光一さんに「おまえすごいな、なんやねん」な剛さん。

つ:いつも以上にカッコつけて歌ったろ
こ:どうぞ(軽)


挨拶

光一さん
2年ぶりのドームでしたが、いろいろあった中、ステージに立って皆さんにお返ししようと思いました
今こうして2人で並んでるのが全てだと。
皆さん本当にありがとうございました。


バンメンさんやダンサーさんを拍手でお見送り。


アンコール
ボクの背中には羽根がある
You…ThaKs 2 YOU~

ここらへんの2人の言葉は、おは朝やらで放送されたところとかそのまんまでお送りします(*´∀`)ありがとうWS!←

光一さん
この曲はじゃにーさんが亡くなってから歌詞を見返した時に、じゃにーさんが僕らの背中に背中(羽根)を授けてくれたんだなぁとひしひしと改めて感じました。
だからこうして今もステージに立てているんだなぁと。
聞こえているでしょうか?じゃにーさん本当にありがとうございました。(上を見ながら)

背中に背中を~って大事なところを言い間違えて、一瞬ザワっとしかけたのを必死で抑えた客席、えらい。



剛さん
じゃにーず伝説というステージのラストを飾る楽曲を作っていただけませんか?とオファーがありました。
最愛の人への溢れてくる感情を出し尽くしながら見送るしかできなくて、こんなことではいけないと、楽曲を作ろうと自分と向き合いました。

この楽曲は2つの歌詞があり、ひとつはじゃにーさんから残された僕たち、これからじゃにーずに入ってくる子たちに、
もうひとつは個人的にKinKi Kidsの中で生まれた友情を。

社長の体が天へと燃え始めてからの数十分間、そこでは社長へのそれぞれの思いが一秒一秒の空間に彩られていて、後輩たち先輩たちの様々な姿があり、その日は時間すらも長いのか短いのかわからない不思議な空間で、そこにはジャニーズというものが確実に流れていて、とてもピュアな時間だったのが忘れられない。

そんな中で僕と光一が過ごしたその中で生まれた、その中で感じた友情、今日はあの日の2人の物語を綴った「YOU…」を最後にお聴きください。



最後
2人「ありがとうございました!またお会いしましょう」

つ:オレたちぃ~
2人:キーンキキッズ!


巨大スクリーンに映し出された赤と青の強い光が最後に重なりあって浮かび上がるやわらかな2人の写真。

ThaKs 2 YOUと共に。


スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。