DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

ジェットコースターじゃなくミュージックコースター☆

2010年12月15日
KinKi 0
FMOSAKAで放送している『ミュージックコースター』
 
キンキさんがコメントを出しているのでちょろっとだけレポ。
 
12/13
 
光「今週は月曜日から木曜日まで4日間、わたくしたちキンキキッズが毎日登場します。すいません。」
剛:「毎日ですいませんねぇ。」
光「ホンマすいません。」
剛:「毎日って言われたんで…ほな毎日いこか!ということですけれどもねぇ。」
光「申し訳ございません!」
 
しょっぱなから謝るふたりwいつも通りふわふわしてます。
 
今週のFM大阪は『イートラックリクエスト2010winter』と題してリクエストを受け付けている。
今日は光一さんのイートラックを紹介。
 
光「まぁなんとなく今の時期、この時期に合うんちゃうかな~という曲を選ばせて頂こうかなぁ
  え~Harmony of Decemberという曲ありますけれども、
  このタイトルも実はジャニーさんなんですよね。」
剛「あぁそうでしたねぇ」
光「あのぉタイトルが決まらなくてね、どうしようかな?って、
  『ハーモニーだよ!いつ出すの?12月?December!』で決まりましたからね…あはははw」
剛「直感は大事ですからねぇ人間。」
 
光一さんからFamily~ひとつになることの紹介。雑誌に載ってるようなことです。
大事なところだけレポ。
 
光「この曲をね、作るときはえ~先に剛くんの詩を頂いて、その詩をね見てですね、
  やっぱりまぁその詩の世界をですね…
  詩っていうのはこう…言葉だけでもう完成してる部分がありまして、これをよりこう~…
  なんだろうなぁ、人の心の奥まで届かせるためにはどうすればいいのかな?と思いながら
  こう曲をね、付けていった、というような感じではございますが…
 
  まぁ難しい部分もねありましたね。
  エピソード的には、やっぱり音楽ってだいたいの構成としてAメロがあってBメロがあってサビがある。
  何とかそこまでできて、よっしゃ!なんとかなったな!と思ってもっかい歌詞を見直したら
  なんか非常に長い部分があったんですねw
 
  おっなんだこれは!?と思ったらDメロがあったんですね。
  そこを作らなアカンというようなことがありましたけども。  
  
  でもなんかその分、Dメロが非常に…テレビとかでね、
  披露する機会なかなか分数的に難しいんですけれども、
  そのDメロがですね、意外とこの曲~をより盛り上げるというか…
  そんな形にもちゃんと出来たかな、という風に思っております。」
 
フルじゃなくていいからせめてDメロまで流してください…歌番組…(´;ω;`)
 
12/14
 
今日のイートラック紹介は剛さん。
 
剛「え~雪白の月ですねぇ。この曲はあの~キンキキッズのファンの子の中でもですね、
  名曲だと言われている曲ですけれども、これまぁシングルリリースしてもよかったのになぁと
  いうね、まぁいい曲ですね、これね。
光「カップリングですね。」
剛「そうなんですよ、ええ。ライブで歌うたびに、なんかいい歌だなぁって思いますし…
光「えれ~難しいですけどね。」
剛「難しい歌ですけれども、えぇ雪白の月ね、え~知らないというひとはちょっとラジオを機に
  チェックしてもらっても損はない名曲だなぁと思います。」
 
剛さんからFamily~ひとつになることの紹介。
同じく大事なところだけレポ。
 
剛「ボクたちKinKi Kidsもですね、堂本という同じ名字で今日まで生きてきてるんですけれども、
  家族ではなかったりする。でもそんな何か不思議な繋がりがあったり…
  そんなふたりがキンキキッズとしてですね、ひとつになって本当の家族以上にですね
  時間を過ごしてきている関係性だったりするんですけれども。
  
  一番の想いはですね、え~カウントダウンライブというものがね、
  ジャニーズはよくやるんですけれども 年末に。
 
  なんかその時に会場にいるジャニーズファミリーのファンの人たちとみんなでなんかこう
  歌えたらなぁとか思ったりする所まで想像して、この曲を書いたりしております。
 
  Family~ひとつになること、壮大なテーマになっておりますが、
  その壮大なテーマに負けず光一くんの楽曲もですね、え~ホントにあの…奥行きっていうか、
  なんかホント、ボクがテーマにしてる光ですね。
  え~彼も光一っていう名前で「光」という文字も入っていますけれども、
  ホントにその光線のような光であったり、後光のような光であったりね、
  なんか様々なシーンが音に描かれているなという風にボクは思うんですけれども。
 
  そんなふたりの合作、とてもボクも気に入っております。
  是非皆さんにも、この色々な細かい細部のね、想いも含めて伝わればいいなと思っております。」
 
すぐ隣で聞いているベタ褒めされている光一さんを見てみたい!w
 
お互いの相槌は多すぎるのではしょりましたw
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません