DKT
ちー

KinKi Kidsブログ

らじお☆5/28

2012年05月28日
レポ 0
どうもFMOSAKAをお聞きのみなさんこんばんは、堂本剛です。
 
さぁこの声がね、え~出てきてびっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんけれども。
今夜のこの時間はぁこの番組堂本剛のラジオ番外編ツアーとく…直前スペシャルwをね、
お送りしますけれども。
いや~あのねぇ…マネージャーのタイミング神か!ほんまにねぇ。神がかってるね。うん。
これ録り直してもいんですけどぉ、あまりにものタイミングの悪さにぃ、
またとくぜんって言っちゃいましたよ、直前を。う~ん。びっくりしましたよ。
 
まぁ今日はねぇ5月の28日大安でございますけれどもね、大安の日でございます。
なんかこういう日に何か特別なことができるのはすごくいいことでございますけれども。
えぇ今月からですねぇ毎週水曜日午後8時から8時半まで、三ヶ月限定でですね、
堂本剛のラジオ、なんのひねりもないタイトルのラジオやってるんです。
今週5月30日の夜8時からはですね、FMOSAKAさんの創立特番のためお休みということでございまして、
今週のみ番外編ということで、この時間にやってまいりました。ありがたい話でねぇ。
 
そして4月の11日にですね、こちらも大安の日だったんですけれども、
お~shamanippon~ラカチノトヒというニューアルバムを堂本剛がリリースいたしまして、
え~普段の番組ではこのアルバムへの思いとか、ま今自分がですね、
どんな思いでニッポンを生きてるんだということを好きに、勝手にしゃべってるようなところでございまして。
今日はもう間もなくですね、このニューアルバムをひっさげてのツアーがスタートするということで。
明日なんですけれどもね、スタートするということで。
堂本剛のラジオ番外編ツアー直前スペシャルと題しまして、ライブへの思い、
そして今回のツアーの内容など、を少しずつお話していこうかなという風に思っております。
 
いやぁほんとにね、明日から?始まるんですけどぉ。
なにかこの~ライブのテーマとしてね?
昔の人が影って漢字を光って読んだりしたという話があるんですよ。
で、それってやっぱり光と影、白と黒の話ではなくて、そのぉ一つとしてとらえていたというような、
あ~発想があるなぁと思ったんですよね。
だからそのぉ生き物というのは虫もそうですけど、光に飛んで行きますけれども、
光によって行きますけれども、あえてこの影の中にある本当の答えだったり、自分であったり
なんかそういうものを今一度振り返ることであったり。
あるいはそのぉ日本人が昔影を光と言ったように、う~ん…
セパレートする考えではなくて、一つとして考えるという何かこう…ま、そういう思想と言いますか。
そういうものを何かこう思い出してもらおうみたいなことで。
ライブを今作ってるんですよね。うん。
 
だからその~照明であったりとか、空間の~佇まいであったりとか、
プラス1でもマイナス1でもなくて、ただただゼロであるというような。
何かそういうようなテーマでそこを今作りあげてる次第でございますけれども。
 
♪縁を結いて
 
いよいよ直前に迫ってきました、わたくし堂本剛のライブのこのツアーについてね、
色々語っていこかな、というようなところなんですけれども。
 
え~ちょっとま僕の個人的なアレなんですけれども。
音楽をまぁ作ったりする…人生と言いますか、そういうものを急に与えていただいて。
それでまぁ詩書いて曲書いてみたいなことを世の中に対して
こう投げていくっていうようなことがね、え~始まるなんて思ってもなかったんですけれども。
そんなことをしながらもう10年たつんやなぁということで、
もう5月の29日、明日でちょうど10年なんですってね。
っていうところで僕自身もそんなに意識して生活してなかったんですが。
え~ライブに関しては2002年から全国各地でいろんな、まぁこう形でライブとかツアーとか、
そういうものを行ってきたという。
 
まぁそもそもね、最初あのぉ「ミュージカルやらない?」ってジャニーさんから急に電話かかってきたんでぇ。
「いや、やらへんでぇ」って言ったら、「…え!なんで!?」ってすごい…
え?おまえまさか、何で?みたいな感じで言われたんですけどぉ、
「いやいや、イヤやから」って言ったら、「なんでやんないの?」
「いや、イヤやからやらへんの」「いや、ミュージカルだよ?」って言うから、
「いや、イヤやからやらへん言うてるやん」「なんでやんないのぉ」みたいにすごいひつこいからぁ、
「え、だからやらへん言うてるやん」「わかったよぉ」みたいな。
「いや、、オレちょっともう…うん、やらへんやらへん。誰か他の人やったらええやん」
って言うて、「オレもうええわぁ」って言うて電話切ったんですよ。
なのでやらなくて済んだんですけれども、それから随分たってぇ、あの音楽を作らないかと。
CDを出さないか、歌を歌わないか?っていうような話になんかなってってぇ、
ま、音楽やったら好きやし…やろっかなと思って。
僕、なんかどうしてもあの稽古する感じとかね、急に歌わなあかん感じとか、
ちょっと僕絶対わろてまうから無理やっていう判断もあったんですよ。うん。
「どうしたんだ、今日は雲行きが怪しいなぁ」そしてピアノがトュルリン♪みたいに鳴って。
「雨のなかで~♪きみとボクは~♪」みたいなんやんなあかんやん。
で、それってなぁに?とか途中でセリフみたいなんやってまた歌になってとか。
あの強靭なハート、僕ないからぁ。
ちょっと無理やないうことでまぁ、頑なに断わったんですよね。うん。
なんでオレにミュージカルとか言い出してんだろうこの人と思って、
そっちの方がオレビックリしてましたけど。
 
で、まぁとにかくそんなことえお経てね、え~僕がまぁいろいろライブやってたんですけどねぇ。
あの~急に特設会場建てないかって話になったんですよ。
なんおこっちゃいまいちわからなかったんですけどぉ、
なんか楽しそうだったんで、うんやりたぁいなんて話をして。
で、特設のまぁライブ会場を建てちゃうんですよね。
2006年の3月から12月までやってるんですよね。
これ見てビックリしてるんですけれども。
横浜のみなとみらいの特設会場建てたんですよ。
これでね、100公演やったんですけど、この期間中にね。
まぁ普通に考えたらこの時~いろんなミュージシャン来てくれたんですけれども、
羨ましいって言葉がいっぱい飛んできて。
だって自分の特設のねステージ建ててこんだけ連日お客さんが来て。
自分が好きなことやれる空間ってほんとに羨ましいと。
何よりもみんながビックリしてたのが、スタンダードなバラードとかばっかり歌って…るわけじゃないのに、
ソウルとかファンクみたいなこともやってて、こんだけお客さん来てるってすごいなって、
それが羨ましいって言ってましたね。
まぁそういうね、あのミュージシャンの一線でやってらっしゃるミュージシャンの
そういった色々な言葉が、もの凄く今の僕の力にもなりますし、勉強させてもらった、
背中押してもらった、いろいろな言葉として僕の体の中にずっと残っているんですけれども。
 
え~そしてね、ジャニーさんが言った一言がありましてね。
このライブを観てね、ミュージシャンの一言もそうだったんですけれども、
社長がねぇなんかその…これ誰のルールでやってんの?って最初言ったんですよ。
いやぁ別になんか会社じゃないの~みたいな話をしてたらぁ、
いや会社のルールじゃなくて君の、youのルールでやらないとダメじゃない。
って言われて。
いや、でも会社のルールがどうとかなんかいろいろ言われてるからぁ…
これ誰のライブなの?
いやまぁ僕のライブですけど…って言ったら、
そんなのyouのルールでやんないとこれファンの子かわいそうでしょう。
って言って。で、
君の場合は君がやりたいことをとにかくステージの上で披露し、
それを必死にファンの子が理解しようとする、そういいう力が働く。
そういう君はブランドなんだ、と。
君のファンはほんとに一番と言ってもいいぐらい、
ほんとにいいファンを君は持ってるからそれを可能にできるんだ、と。
みたいなことを言わはったんですよ。
だから人のルールでライブをやるなと言われたんでけど、
ま、社長ってそういうとこある人なんですよ。
あの…じゃぁジャニーさん言ってやぁみたいなこといっぱいあるんですけど。
でもジャニーさんはほんとに真っ直ぐにそういう話をするんですよね。
 
まぁまぁでもそんなことをまぁ肝に銘じながらですね、
2007年の3月から6月にかけて次はお台場の方ですねぇ。
お台場のほうにまた特設の会場を建てて、行ったんですけれども。
この時はねぇ、オノヨーコさんとかとねぇやらさせて頂いたっていうシーンもありましたねぇ。
なんかねぇそれこそジョンレノンのイベントとかで一緒になるっていう流れではなくて。
自分のそのスペースの中にオノヨーコさんとジョンレノンが入ってくる感じがあって、
すごく貴重な経験をさせていただきましたけれども。
印象的だったのが、あのオノさんにねぇ手紙を書いて。
ジョンが空想上の生き物の龍が好きだって話をその後に聞くんですけど。
僕は龍好きだったんで、最後に龍の絵を描いたんですよ。
で、龍って日本では竜神は雨の神さんなんですけど。
その龍を描いた途端にねぇ、どえらい雨降って来たんですよ。
いわゆるそのゲリラ豪雨みたいなやつが。
そいで、う~わめっちゃ降って来たみたいな話になって、
メンバーのみんなが剛くんすげ~雨降ってるなんて言って。
またなんかした?って言われて。
僕歌うと雨降ったりするみたいな、なんか変なこと言うんですよみんな。
剛くんが歌ったら雨降るみたいな。実際降ること多いんですけどね。
でも毎回じゃないです、よくあるということだけで。
そいで、龍の絵描いたらぶわ~っ降ってきたから、これ完全になんかめでたい雨やんけと思って、
これどうしようと思って。
ほんならバンドメンバーがとりあえずシャンプー持って、頭洗ったら?みたいな変な提案が出たんで、
とりあえずそうしよう!みたいなオレもなんかそんな感じで。うん。
で、パン一になって、シャンプー持ってふわ~泡立ててやったんですけど、
泡立ったとこで雨キレーにやんだんですよ。うん。
で、シャワールーム入って流しましたけどね。
えぇwま、そういう思い出がwあったりとかしましたけれど。
 
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちー
この記事を書いた人: ちー
はじめまして。
KinKi Kids大好き~!なファンが綴るKinKi Kidsブログです。
基本KinKi Kidsハァハァかっこいいかわいいしか言ってません。
時折舞台バカとかファンクバカとか言ったりします。
アンチさん、純粋にKinKi Kidsファンの方とは合わないと思いますので早々にお逃げください。
それを踏まえてなんやかんや言われても面倒なのでスルーします。

食べること旅行も大好き。
どうぞよろしくお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません